ニュース

チャランポ新作にMr.Childrenが演奏&アレンジで参加、試聴音源も

チャラン・ポ・ランタン
チャラン・ポ・ランタン

1月18日にリリースされるチャラン・ポ・ランタンの新作『トリトメナシ』の続報が発表された。

今回の発表では、収録曲“かなしみ”にMr.Childrenのメンバーが参加していることが判明。同曲はMr.Childrenのメンバー4人と小春(Acc)ら8人で結成された、Mr.Childrenのツアーバンド「ヒカリノアトリエ」がアレンジ、演奏を担当している。Mr.Childrenが他のアーティストの楽曲にアレンジや演奏で参加するのは初だという。

今回のコラボレーションは、小春が参加したMr.Childrenのライブを見たもも(Vo)が終演後にメンバーに「私もこのバンドで歌いたいです!」と伝え、それを聞いた小春が制作したデモ音源がMr.Childrenのメンバーに好評だったことから実現。同曲を聞いたメンバーがアレンジで参加するという返答をし、“かなしみ”が生まれたという。

桜井和寿(Mr.Children)は“かなしみ”について「僕がボーカルではない曲をMr.Childrenで演奏し録音するのは初めてのことでしたが、曲の素晴らしさに引っ張られ、また可愛い歌声に寄り添いながら楽しくレコーディング出来ました」とコメント。アルバムの特設サイトでは同曲の一部を試聴することができる。

桜井和寿(Mr.Children)のコメント

今Mr.Childrenのツアーを廻っているメンバーで「かなしみ」のレコーディングをさせてもらいました。
僕がボーカルではない曲をMr.Childrenで演奏し録音するのは初めてのことでしたが、曲の素晴らしさに引っ張られ、また可愛い歌声に寄り添いながら楽しくレコーディング出来ました。
より多くの人にチャラン・ポ・ランタンの才能を感じてもらえたら嬉しいです。
チャラン・ポ・ランタンは、そのパフォーマンスが魅力でありますが、この曲「かなしみ」は、パフォーマンスなしで、例えばリスナーが目を瞑って聴いても、心を揺さぶられるような曲にしたいと考え、普段よりも繊細に丁寧に演奏しました。
とっても愛しい作品になったと思います。是非聴いてみてください。

小春(チャラン・ポ・ランタン)のコメント

中学生時代にアコーディオンの音が入っているという理由で生まれて初めて買ったシングルがMr.Childrenの「くるみ」だったのは縁。
2016年にチャラン・ポ・ランタンのツアーがすでに決まっていた同時期に来た桜井さんからのMr.Childrenツアーサポートのオファー、そして驚くことにお互いのツアースケジュールが重なっていなかったのも縁。
山口の『WILD BUNCH FEST.』に“ウカスカジー”で出演されていた桜井さんと偶然にも同日出演だった私たちがお互いの曲を一緒に歌えたのも縁。
そして、妹がこのバンドの音で歌いたいという気持ちと、このバンドのあたたかさが私に今までにないメロディと歌詞をもたらしてくれたのも縁。
様々な縁が何層にも重なってこの「かなしみ」という曲が出来ました。
この曲の旋律・言葉すべてに私が今まで出逢った、通り過ぎた人々からもらった感情が織り込まれているんだと思います。これから、私の手を離れてひとり歩きするこの曲を聴くことになる、まだ見ぬ人の人生にこの曲の持つ感情が少しでも織り込まれると嬉しいです。

チャラン・ポ・ランタン『トリトメナシ』収録曲

[CD]
1. 進め、たまに逃げても
2. Sweet as sugar
3. まゆげダンス
4. 夢ばっかり
5. 月
6. 恋はタイミング
7. 雄叫び
8. かなしみ
[DVD]
・“進め、たまに逃げても”Music Video
・“まゆげダンス”Music Video
・“雄叫び”Music Video
・“かなしみ ”Music Video
・トリトメナイおまけ映像

Mr.Children
Mr.Children
チャラン・ポ・ランタン『トリトメナシ』DVD付き盤ジャケット
チャラン・ポ・ランタン『トリトメナシ』DVD付き盤ジャケット
チャラン・ポ・ランタン『トリトメナシ』CDのみジャケット
チャラン・ポ・ランタン『トリトメナシ』CDのみジャケット
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年