ニュース

田中圭一のうつ病脱出レポ漫画『うつヌケ』が書籍化、大槻ケンヂも登場

田中圭一の著書『うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~』が1月9日に刊行される。

手塚治虫のパロディー作品で知られる漫画家の田中圭一。同書では自身がうつ病を克服した体験をもとに、うつ病を乗り越えた人々に取材した内容をまとめたドキュメンタリー漫画だ。『文芸カドカワ』および「note」での連載に描き下ろしを加えて書籍化したものとなる。

同書に登場するのは、大槻ケンヂ、代々木忠、宮内悠介、鴨川良太、ゆうきゆう、まついなつき、熊谷達也、内田樹、一色伸幸ら。

田中圭一『うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~』表紙
田中圭一『うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)