田中圭一のうつ病脱出レポ漫画『うつヌケ』が書籍化、大槻ケンヂも登場

田中圭一の著書『うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~』が1月9日に刊行される。

手塚治虫のパロディー作品で知られる漫画家の田中圭一。同書では自身がうつ病を克服した体験をもとに、うつ病を乗り越えた人々に取材した内容をまとめたドキュメンタリー漫画だ。『文芸カドカワ』および「note」での連載に描き下ろしを加えて書籍化したものとなる。

同書に登場するのは、大槻ケンヂ、代々木忠、宮内悠介、鴨川良太、ゆうきゆう、まついなつき、熊谷達也、内田樹、一色伸幸ら。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 田中圭一のうつ病脱出レポ漫画『うつヌケ』が書籍化、大槻ケンヂも登場

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて