ロバート・メイプルソープ展『MEMENTO MORI』、挑発的な美を写す約90点

ロバート・メイプルソープの写真展『MEMENTO MORI』が、3月14日から東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催される。

1946年にアメリカで生まれたロバート・メイプルソープ。1970年代から写真家としての活動を本格化し、有名人や前衛芸術家などを写した肖像写真や、花に主眼を置いた静物写真などを制作した。パティ・スミスと交際していたことでも知られる。1989年にエイズにより42歳で死去。

同展の会場は3つに分割され、白いフロアと壁に覆われた展示室や、黒一面の空間にメイプルソープの写真作品約90点を展示。徐々に挑発的な作品が増える構成になるという。展示作品は建築家ピーター・マリノのプライベートコレクションから出品。マリノは展覧会の企画・構成も担当している。なお同展は4月15日から『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』の一環で京都に巡回する。

イベント情報

『ロバート メイプルソープ写真展 ピーター マリーノ コレクション「MEMENTO MORI」』

2017年3月14日(火)~4月9日(日) 会場:東京都 銀座 シャネル・ネクサス・ホール
時間:12:00~20:00 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • ロバート・メイプルソープ展『MEMENTO MORI』、挑発的な美を写す約90点

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて