上妻世海と11作家の対話から生まれたグループ展『Malformed Objects』

展覧会『Malformed Objects―無数の異なる身体のためのブリコラージュ』が、1月21日から東京・天王洲アイルの山本現代で開催される。

1989年生まれの評論家・キュレーターの上妻世海がキュレーションを手掛ける同展。「制作と共同性」というテーマを中心に活動している上妻が、11人の作家と対話を重ねて構成する展覧会となる。

参加作家には池田剛介、urauny、大和田俊、木内俊克、篠崎裕美子、高田優希、永田康祐、平野利樹、松本望睦、三野新、涌井智仁が名を連ねている。会期中にはトークイベントやワークショップなどが開催される。詳細は山本現代のオフィシャルサイトで随時発表予定だ。

イベント情報

『Malformed Objects―無数の異なる身体のためのブリコラージュ』

2017年1月21日(土)~2月25日(土) 会場:東京都 天王洲アイル 山本現代
時間:11:00~18:00(金曜は20:00まで) 参加作家: 池田剛介 urauny 大和田俊 木内俊克 篠崎裕美子 高田優希 永田康祐 平野利樹 松本望睦 三野新 涌井智仁 休廊日:日、月曜、祝日 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 上妻世海と11作家の対話から生まれたグループ展『Malformed Objects』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて