フィリップ・ガレルの特集上映に8作品、ニコ出演作など35ミリで上映

フィリップ・ガレル監督の特集上映『Philippe Garrel RETROSPECTIVE 2017』が、1月21日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

1948年にフランスで生まれ、16歳で制作した短編映画『調子の狂った子供たち』で注目を集めたフィリップ・ガレル。1月21日から公開される最新作『パリ、恋人たちの影』では、ある夫婦の関係性が変化していく様を描いている。

同作の公開を記念する今回の特集では、ガレル監督による8作品を上映。ラインナップには『The Velvet Underground and Nico』への参加でも知られるニコの出演作『内なる傷痕』や、カトリーヌ・ドヌーヴが自らの希望で出演した『夜風の匂い』、『ヴェネチア国際映画祭』で銀獅子賞を受賞した『恋人たちの失われた革命』などが並ぶ。

なお一部作品の上映は35ミリフィルムで行なわれる。スケジュールや料金はシアター・イメージフォーラムのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『Philippe Garrel RETROSPECTIVE 2017』

2017年1月21日(土)~2月17日(金) 会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
上映作品: 『内なる傷痕』(監督:フィリップ・ガレル) 『秘密の子供』(監督:フィリップ・ガレル) 『愛の誕生』(監督:フィリップ・ガレル) 『夜風の匂い』(監督:フィリップ・ガレル) 『恋人たちの失われた革命』(監督:フィリップ・ガレル) 『愛の残像』(監督:フィリップ・ガレル) 『灼熱の肌』(監督:フィリップ・ガレル) 『ジェラシー』(監督:フィリップ・ガレル)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • フィリップ・ガレルの特集上映に8作品、ニコ出演作など35ミリで上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて