『アカデミー賞』候補発表 『ラ・ラ・ランド』が最多14ノミネート

『第89回アカデミー賞』の候補作品が発表された。

最多ノミネートとなったのは、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞など13部門14ノミネートを果たしたデイミアン・チャゼル監督の『ラ・ラ・ランド』。次いでバリー・ジェンキンス監督の『ムーンライト』、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『メッセージ』が8部門、メル・ギブソン監督の『Hacksaw Ridge(原題)』、ガース・デイヴィス監督の『LION/ライオン~25年目のただいま~』、ケネス・ロナーガン監督の『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が6部門の候補に名を連ねた。

長編アニメーション部門では、スタジオジブリがヨーロッパのWild Bunch社と共に製作したアニメーション映画『レッドタートル ある島の物語』が、『ズートピア』『モアナと伝説の海』などと並びノミネート。新海誠監督の『君の名は。』は候補入りを逃した。

また窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形ら日本人キャストも出演しているマーティン・スコセッシ監督『沈黙-サイレンス-』は撮影賞にノミネート。衣装デザイン賞には『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、メイク・ヘアスタイリング賞には『スーサイド・スクワッド』などがノミネーションを果たしているほか、視覚効果賞の候補に『ドクター・ストレンジ』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などが挙がっている。

授賞式は現地時間の2月26日に行なわれる。

詳細情報

『第89回アカデミー賞』主要6部門ノミネート結果

作品賞 『メッセージ』 『Fences(原題)』 『Hacksaw Ridge(原題)』 『最後の追跡』 『Hidden Figures(原題)』 『ラ・ラ・ランド』 『LION/ライオン~25年目のただいま~』 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 『ムーンライト』 監督賞 ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『メッセージ』) メル・ギブソン(『Hacksaw Ridge(原題)』) デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』) ケネス・ロナーガン(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』) バリー・ジェンキンス(『ムーンライト』) 主演男優賞 ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』) アンドリュー・ガーフィールド(『Hacksaw Ridge(原題)』) ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』) ヴィゴ・モーテンセン(『はじまりへの旅』) デンゼル・ワシントン(『Fences(原題)』) 主演女優賞 イザベル・ユペール(『ELLE(原題)』) ルース・ネッガ(『ラビング 愛という名前のふたり』) ナタリー・ポートマン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』) エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』) メリル・ストリープ(『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』) 助演男優賞 マハーシャラ・アリ(『ムーンライト』) ジェフ・ブリッジス(『最後の追跡』) ルーカス・ヘッジズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』) デヴ・パテル(『LION/ライオン~25年目のただいま~』) マイケル・シャノン(『Nocturnal Animals(原題)』) 助演女優賞 ヴィオラ・デイヴィス(『Fences(原題)』) ナオミ・ハリス(『ムーンライト』) ニコール・キッドマン(『LION/ライオン~25年目のただいま~』) オクタヴィア・スペンサー(『Hidden Figures(原題)』) ミシェル・ウィリアムズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『アカデミー賞』候補発表 『ラ・ラ・ランド』が最多14ノミネート

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて