ニュース

hideとファンの思い出を舞台化 『僕らのピンク スパイダー』に松本岳ら

劇団TEAM-ODACの舞台『僕らのピンク スパイダー』が、3月9日から東京・新宿の紀伊國屋ホールで上演される。

2006年に笠原哲平、いとう大樹によって旗揚げされた劇団TEAM-ODAC。これまでにフラワーカンパニーズ、Goose houseといったミュージシャンとのコラボレーション公演を手掛けている。

『僕らのピンク スパイダー』は、hide with Spread Beaverの楽曲“ピンク スパイダー”をモチーフにした作品。制作にあたってはhideのファンにアンケート取材を行ない、hideに寄せる思いやエピソードなどを収集したという。公演ではhideオフィシャルサイト会員限定のチケットも用意される。

松本岳が舞台初主演を務めるほか、多田愛佳(HKT48)、佐藤すみれ(SKE48)、喜多修平、中塚皓平(DIAMOND☆DOGS)、戸島花、いとう大樹らが出演。脚本と演出は笠原哲平が手掛ける。チケットの販売は2月11日10:00に開始される。

『僕らのピンク スパイダー』ポスタービジュアル
『僕らのピンク スパイダー』ポスタービジュアル
hide
hide
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)