ニュース

佐津川愛美、芹那らが本音トーク 独身アラサー5人の日常描く舞台『野良女』

舞台『野良女』が4月5日から東京・新宿御苑のシアターサンモールで上演される。

同作は、昨年にドラマ化された『校閲ガール』シリーズで知られる宮木あや子の同名小説が原作。宮木にとって初の舞台化作品となる。恋人のDVや不倫、仕事の問題など様々な悩みを抱えながら、毎晩居酒屋に集まって女子会を開く「アラサー」独身女性5人の日常と葛藤を描く。

同公演では、5人の女性がそれぞれ想いを寄せる5人の男性役を1人の男性キャストが異なる表現方法で演じる。また、舞台のセットはストリップ劇場をモチーフとし、客席に張り出した花道の先に「ベッド」と名付けられた直径2メートルの円形ステージが設置されるという。

出演者は佐津川愛美、芹那、沢井美優、深谷美歩、菊地美香ら。演出は稲葉賀恵(文学座)、脚本は『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』が『第61回岸田國士戯曲賞』の最終候補作品にノミネートされたオノマリコ(趣向)が手掛け、音楽はオレノグラフィティ(劇団鹿殺し)が担当する。チケットの先行販売は2月12日12:00からスタート。

佐津川愛美のコメント

最初、お話をいただいたとき『マジかぁ』と思いましたが、原作も舞台の脚本もおもしろく、これに乗っかれば大丈夫だと思いました。絶対、面白いモノにします。(下ネタについて聞かれ)全然平気です!事務所NGも特にありません!

芹那のコメント

脚本を読んだら下ネタばかり…どうしようと思いましたし、アラサー女性5人が集まる現場にもドキドキしていますが、最近、(自身が演じる)役が自分の中に入ってきたなと感じています。当日の仕上がりを楽しみにしていてください。

沢井美優のコメント

原作を読む前、『電車で開けない』などの感想を耳にしていたので、実際に読んでみると意外とソフトに感じましたが、5人が実際に立つとリアル感が増して、きっとハードな部分も出てくると思います。楽しみながらやりたいと思います。

深谷美歩のコメント

最初は女性ばかりの現場が不安でしたが、皆さん優しくて良い人たちばかりです。今まで10代や20代の役が多かったので、今回の年齢設定と下ネタの量は、私の新境地になると思います。

菊地美香のコメント

まだ公演をやっていないにもかかわらず、『絶対、面白いモノになる』という変な自信があります。これから私たちのリアルな気持ちも反映させていきたいですし、『野良女』が流行語になる勢いで頑張ります。

稲葉賀恵のコメント

男性俳優はどんどん女優っぽくなっていきますが、反対に、女優はどんどん男勝りになっていくものだと思います。(5人が)自分たちで自然とぶつかり合い、大股で歩き出すようになれば良いなと思います。

宮木あや子のコメント

実は以前、今回のスタッフから『野良女』をドラマ化しようと言われてたのですが、大量の『ピー』が入るという理由で全局から断られたんです。でも、舞台にできると聞き、なるほどその手があったかと思いました。こうして演じてくれる方も集まり、脚本も私が書いたもの以上に面白いです。絶対に見てほしいです。

『野良女』ティザービジュアル
『野良女』ティザービジュアル
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
2月9日に行なわれた舞台『野良女』製作発表会見より
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図