ニュース

ボストンマラソン爆弾テロ描く映画『パトリオット・デイ』 犯人逮捕の裏側

『パトリオット・デイ』 ©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『パトリオット・デイ』 ©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画『パトリオット・デイ』が、6月から東京・日比谷のTOHOシネマズ スカラ座ほか全国で公開される。

2013年4月15日にアメリカ・ボストンで起こった「ボストンマラソン爆弾テロ事件」を題材にした同作。祝日「愛国者の日」の恒例となっているボストンマラソンの会場で爆発が起きてから、犯人が逮捕されるまでの102時間を描く。

マラソンの警備に従事していた地元警察の刑事・トミー役をマーク・ウォールバーグ、事件現場に駆けつけるFBIの捜査官・リック役をケヴィン・ベーコンが演じるほか、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハンらが共演者に名を連ねている。なお作中の役名には実在の人物のものが含まれる。監督を務めたのは『バーニング・オーシャン』『バトルシップ』などのピーター・バーグ。

『パトリオット・デイ』 ©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『パトリオット・デイ』 ©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『パトリオット・デイ』 ©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『パトリオット・デイ』 ©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『パトリオット・デイ』 ©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『パトリオット・デイ』 ©2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図