ニュース

園子温監修『とよはし映画祭』 松井玲奈、広瀬アリス、志磨遼平ら登壇

『ええじゃないか とよはし映画祭』が、3月3日から愛知・豊橋の穂の国とよはし芸術劇場PLAT、開発ビルで開催される。

豊橋市の市制施行110周年を記念して開催される同イベント。豊橋に隣接する豊川出身の園子温がディレクター、豊橋出身の松井玲奈がアンバサダーをそれぞれ務め、愛知や豊橋にゆかりのある作品の上映とカンファレンスプログラムを実施する。

上映作品には『新宿スワンII』『真田十勇士』『冷たい熱帯魚』『溺れるナイフ』『続・深夜食堂』『ぼくのおじさん』『俺物語!!』『ぼくらの七日間戦争』など約20作品がラインナップ。全プログラムでゲストが招かれ、登壇者には園と松井をはじめ、広瀬アリス、志磨遼平(ドレスコーズ)、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、古川未鈴(でんぱ組.inc)、神楽坂恵、深水元基、加藤雅也、池田純矢、冨手麻妙、堤幸彦、山戸結希、松岡錠司、河合勇人、内藤瑛亮、遠藤ミチロウらが名を連ねている。

チケットは現在販売中。3日間通し券も用意される。詳細は『ええじゃないか とよはし映画祭』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

松井玲奈のコメント

子供の頃、家族で映画を観に行くことは一大イベントでした。今回、私の地元である豊橋で映画祭が開かれる事をとても嬉しく思います。ぜひ家族や友達、大切な方達と映画祭で素敵な時間と思い出を作っていただけたら嬉しいです。

園子温
園子温
松井玲奈
松井玲奈
『ええじゃないか とよはし映画祭』ロゴ
『ええじゃないか とよはし映画祭』ロゴ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー