ニュース

向井理の祖母の手記を映画化する『いつまた、君と』主題歌は高畑充希

高畑充希レコーディング風景 ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
高畑充希レコーディング風景 ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会

6月24日から全国で公開される映画『いつまた、君と ~何日君再来~』の主題歌と追加キャストが発表。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

同作は、向井理が大学生の時に自身の祖母の手記をパソコンで打ち直し、祖母の90歳の記念に親族らと自費出版した『何日君再来』を映画化する作品。戦後の混乱期に懸命に生きる朋子と夫・吾郎の50年におよぶ愛の物語となり、現代の朋子が綴った手記を孫の理が本にまとめる過程で、過去を回想していく形式によって描かれる。主人公の朋子役を尾野真千子、夫の吾郎役を映画の企画にも携わっている向井が演じる。

主題歌を担当するのは高畑充希。現代版にアレンジされた昭和の歌謡曲“何日君再来”を歌唱する。“何日君再来”は劇中で朋子と吾郎の初デートのシーンで流れている楽曲となり、2人を結ぶ「運命の歌」だという。

高畑は『いつまた、君と ~何日君再来~』に主題歌で参加することについて「この映画は、向井さんの祖母の手記を向井さんご自身が書き起こして、それをさらに映画にされたということで、純粋にすごいなぁと感じました。私のイメージの向井さんは、すごく熱くて真面目な方です。そんな熱いチャレンジに関われることをとても幸せに思います」とコメントしている。

あわせて発表された追加キャストは、81歳となる現代の朋子役を演じる野際陽子、朋子の娘で理の母・真美役を演じる岸本加世子、朋子の父・忠役を演じるイッセー尾形、理役を演じる成田偉心、吾郎の先輩・高杉幹夫役を演じる駿河太郎。

高畑充希のコメント

ミュージカルなどで歌う機会も多いのですが、映画の主題歌を任せて頂くというのはかなり重大なことだと思うので、お話を頂いて驚きましたし、とても嬉しかったです。
主題歌は映画の最後に流れる曲なので、映画の余韻をこわさないように歌いたいという気持ちが強かったです。
「何日君再来」は初めて聴きました。歌詞は苦しかったり、悲しかったり、喪失感を感じるのに、メロディー自体はとても明るく、だからこそすごく切なく感じました。歌詞から感じたストレートな愛情、相手のことをすごく“好き”という感情や、その人がいなくなってしまったときのポッカリ穴があいたような思い。色々な感情を自分に閉じ込めて、感じたままに歌いました。
歌詞の中で印象深いのは「いとし君、いつまた帰る」というところです。“好き”とか“愛してる”ではなく、“いとしい”という言葉の響きがとても好きでした。
この映画は、向井さんの祖母の手記を向井さんご自身が書き起こして、それをさらに映画にされたということで、純粋にすごいなぁと感じました。私のイメージの向井さんは、すごく熱くて真面目な方です。そんな熱いチャレンジに関われることをとても幸せに思います。

向井理のコメント

決して簡単な曲ではない「何日君再来」を、ここまで豊かに、そして作品や登場人物を包み込むように歌唱できるのは高畑さんくらいだろう、と試写室の真ん中で思い知らされました。
映画の最後に流れるこの歌の素晴らしさで全てが決まる。
それくらい映画と歌が調和し、高め合う。
余韻に浸るのではなく、映画の一部であると思う程心に残る歌声でした。

『いつまた、君と ~何日君再来~』ポスタービジュアル ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
『いつまた、君と ~何日君再来~』ポスタービジュアル ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
左上から時計回りに野際陽子、岸本加世子、成田偉心、駿河太郎、イッセー尾形 ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
左上から時計回りに野際陽子、岸本加世子、成田偉心、駿河太郎、イッセー尾形 ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
『いつまた、君と ~何日君再来~』 ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
『いつまた、君と ~何日君再来~』 ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
高畑充希 ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
高畑充希 ©2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される