ボスやマグリット、ヤン・ファーブルまで ベルギーの「奇想」紹介する展示

展覧会『ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』が、7月15日から東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催される。

中世末期から現代までのベルギーの美術を紹介する同展。会場は「15-17世紀のフランドル美術」「19世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派・表現主義」「20世紀のシュルレアリスムから現代まで」の3章から構成される。

出展作家には、ヒエロニムス・ボス工房、ピーテル・ブリューゲル、ペーテル・パウル・ルーベンス、フェリシアン・ロップス、フェルナン・クノップフ、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリット、ポール・デルヴォー、ヤン・ファーブルらが名を連ねている。

イベント情報

『ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』

2017年7月15日(土)~9月24日(日) 会場:東京都 渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム
時間:10:00~18:00(金、土曜日は21:00まで、入館は閉館の30分前まで) 休館日:7月18日、8月22日
  • HOME
  • Art,Design
  • ボスやマグリット、ヤン・ファーブルまで ベルギーの「奇想」紹介する展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて