『第42回木村伊兵衛写真賞』受賞者は原美樹子 富山出身の写真家

『第42回木村伊兵衛写真賞』の受賞者が発表された。

毎年優れた作品を発表した新人写真家を表彰する『木村伊兵衛写真賞』。写真家・木村伊兵衛の業績を記念して1975年に創設され、「写真界の芥川賞」とも称されている。過去の受賞者には藤原新也、畠山直哉、ホンマタカシ、蜷川実花、HIROMIX、川内倫子、佐内正史、梅佳代、長島有里枝、浅田政志、石川竜一、川島小鳥らが名を連ね、昨年は新井卓が受賞した。

今年の受賞者に選出されたのは原美樹子。原は1967年富山生まれの写真家で、ロサンゼルスのJ・ポール・ゲティ美術館やスイスのヴィンタートゥアー美術館などに作品が収蔵されている。対象作『Change』は、2015年に45歳で逝去したパリの写真集コレクターであるクリストフ・クリソンへの追悼シリーズ「グールドコレクション」の第1弾作品で、原のカラー写真とステファン・ディクソンの小説『CHANGE』で構成される。

授賞式は4月17日に東京・竹橋の如水会館で開催。受賞作品展が4月11日から東京・新宿ニコンサロン、5月4日から大阪・大阪ニコンサロンで行われる。

  • HOME
  • Art,Design
  • 『第42回木村伊兵衛写真賞』受賞者は原美樹子 富山出身の写真家

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて