ニュース

明石家さんまが贈るドラマ『Jimmy』に佐藤浩市ら 大竹しのぶ役は池脇千鶴

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション

明石家さんまプロデュースの連続ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の追加キャストが発表された。

今夏にNetflixで配信される同作は、ジミー大西と周囲の仲間たちの実体験を描く作品。駆け出しの芸人であった大西がさんまとの出会いをきっかけにして芸人の才能を開花させ、やがて画家に転身するまでの物語や、大西とさんまを取り巻く様々な人物との15年間にわたる交流などを描く。これまでの発表では、大西役を演じる中尾明慶、さんま役を演じる小出恵介をはじめ、木南晴夏、尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、中村靖日、八十田勇一、中村育二、濱田マリらの出演が明らかになっていた。

今回出演が発表されたのは、テレビ局の名物プロデューサー三宅恵介役の佐藤浩市、さんまとドラマ『男女7人夏物語』で共演し、結婚する大竹しのぶ役の池脇千鶴、大西を吉本興業に入れるために尽力する高校の野球部の顧問役の生瀬勝久。定食屋の女将役の手塚理美、医師役の温水洋一。さらに山崎銀之丞、徳永えり、楊原京子、金井勇太、山西惇、丸山智己も共演者に名を連ねる。

佐藤浩市のコメント

さんまさんが企画プロデュースと聞き及び駆け付けたら、今回はこれでと封筒を渡されたので、無礼者!!と投げ返しました。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業