ニュース

明石家さんまが贈るドラマ『Jimmy』に佐藤浩市ら 大竹しのぶ役は池脇千鶴

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション

明石家さんまプロデュースの連続ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の追加キャストが発表された。

今夏にNetflixで配信される同作は、ジミー大西と周囲の仲間たちの実体験を描く作品。駆け出しの芸人であった大西がさんまとの出会いをきっかけにして芸人の才能を開花させ、やがて画家に転身するまでの物語や、大西とさんまを取り巻く様々な人物との15年間にわたる交流などを描く。これまでの発表では、大西役を演じる中尾明慶、さんま役を演じる小出恵介をはじめ、木南晴夏、尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、中村靖日、八十田勇一、中村育二、濱田マリらの出演が明らかになっていた。

今回出演が発表されたのは、テレビ局の名物プロデューサー三宅恵介役の佐藤浩市、さんまとドラマ『男女7人夏物語』で共演し、結婚する大竹しのぶ役の池脇千鶴、大西を吉本興業に入れるために尽力する高校の野球部の顧問役の生瀬勝久。定食屋の女将役の手塚理美、医師役の温水洋一。さらに山崎銀之丞、徳永えり、楊原京子、金井勇太、山西惇、丸山智己も共演者に名を連ねる。

佐藤浩市のコメント

さんまさんが企画プロデュースと聞き及び駆け付けたら、今回はこれでと封筒を渡されたので、無礼者!!と投げ返しました。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 ©2017YDクリエイション
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年