ニュース

窪塚洋介×降谷建志のW主演作『アリーキャット』に品川祐、火野正平が出演

窪塚洋介と降谷建志(Dragon Ash)がダブル主演する映画『アリーキャット』の追加キャストが発表された。

7月15日から公開される同作のあらすじは、シングルマザーの土屋冴子のボディーガードを依頼された元ボクシングチャンピオンのマルと、冴子のストーカーを殴ってしまった自動車整備工のリリィが出会い、冴子を守るために共に東京へ向かうというもの。マル役を窪塚、リリィ役を降谷、冴子役を市川由衣が演じ、監督を榊英雄が務める。

今回出演が明らかになったのは、元恋人の冴子を執拗に付け回す玉木敏郎役の品川祐(品川庄司)、マルのボクサー時代の後援会長で、闇社会に身を置く羽柴康夫役の火野正平。さらに三浦誠己、高川裕也、柳英里紗、川瀬陽太、森岡豊、馬場良馬らも共演者に名を連ねている。

品川祐のコメント

窪塚洋介とドラゴンアッシュのKj。
カリスマ2人の主演映画に悪役として出演出来るということで、かなり気合入りました。窪塚くんは唯一無二の天才俳優で、僕の映画にも出てくれている。
僕がNG出してたら『こいつ自分の映画の時に偉そうに演出してたくせに、全然ダメじゃん』と思われたくなかったので、必死でセリフを憶えました。
かなりハードスケジュールの中、チームワークで乗り切った思い出深い作品です。

火野正平のコメント

ずいぶん前に撮影した、ロードショウ。
窪塚くん、降谷くん、若い人たちが見たくて現場に行った。
かわいかった。
一緒に飲んだ。
出来上がりをゆっくり観るよ。
監督、呼んでくれてありがとう。

榊英雄監督のコメント

2人の素敵な俳優、そしてヒロインの3人では、映画が出来ません。
彼らを、しいては作品を支え、映画に生命を吹き込む俳優陣は不可欠な存在です。今回参加して頂いた皆様は、全て私がご一緒したかった方々です。
その中で、映画監督として、常に僕を嫉妬させてくれる品川ヒロシさん
またいつか俳優としても、監督としてもご一緒したかった火野正平さん。
このお二人は尚更でした。フレームの中で存分に暴れて頂きました。
またいつか一緒の空気を吸いたいです!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く