ニュース

最上もが×縦型PVの隈本遼平がタッグ テレ東の新番組『○○と新どうが』

新番組『○○と新どうが』がテレビ東京で本日4月3日から放送される。

『○○と新どうが』では、アーティストや俳優らが気鋭のクリエイターとタッグを組んで新しい動画作品を制作。番組のナレーションは梶裕貴が務める。

第1弾プロジェクトに挑戦するのは最上もが(でんぱ組.inc)と、lyrical schoolの縦型PV“RUN and RUN”などを手掛けた隈本遼平。最上は作品の「被写体」として登場するという。番組では制作過程から作品の発表までを追う。

なお完成作品はLINE LIVEのプロジェクト『Portrait Film Project』で、アーカイブとして公開予定。今後は番組と連動して、クリエイターや出演者による生配信も予定されている。

最上もが(でんぱ組.inc)
最上もが(でんぱ組.inc)
隈本遼平
隈本遼平
梶裕貴
梶裕貴
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)