ニュース

舞台『進撃の巨人』遠藤雄弥演じるリヴァイ初公開 エレンらの新写真も

遠藤雄弥演じるリヴァイ ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
遠藤雄弥演じるリヴァイ ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会

『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』の新たなキャラクタービジュアルが公開された。

『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』は、諫山創の漫画『進撃の巨人』をもとにした作品。突如出現した巨人たちによって文明が崩壊した世界を舞台に、巨人の侵攻を防ぐために巨大な壁の中で暮らす人類と、再び現れた巨人たちとの戦いを描いた内容となり、エレン役を三浦宏規、ミカサ役を佃井皆美、アルミン役を阪本奨悟が演じる。パフォーマーを含めた全キャストは150人を超える予定となる。

今回公開されたのは、三浦演じるエレン、佃井演じるミカサ、阪本演じるアルミンの新ビジュアルに加え、遠藤雄弥演じるリヴァイのキャラクタービジュアル。またマルコ・ボット、トーマス・ワグナー、ハンネス、カルラ・イェーガー。ハンジ・ゾエ、ペトラ・ラル、イアン・ディートリッヒ、リコ・ブレツェンスカ、ミタビ・ヤルナッハといったキャラクターが登場することが発表されている。キャラクタービジュアルは今後も公開される予定だ。

あわせて4人のコメントも公開。三浦は「出演が決まってからは、びっくりしたり、ワクワクしたり、プレッシャーを感じたりと色んな感情が体を駆け巡っています」、佃井は「アクション満載のドキドキが止まらない舞台になるんじゃないかと、私自身今からワクワクしています」とそれぞれの心境を述べているほか、阪本は「これから『進撃の巨人』という作品、また『アルミン』という役と向き合って、もっと好きになって、もっと愛していきたいと思います」、遠藤は「舞浜アンフィシアターで繰り広げられる巨人との戦いを、心臓捧げる覚悟を持った一人一人の勇姿を焼き付けていただいたら幸いです」と意気込みを語っている。

チケットは現在販売中。4種類の券種が用意されている。公演は7月28日から千葉・舞浜アンフィシアターで開催される。

※出演者・吉野和剛の急逝により公演中止となりました(2017年4月14日追記)

三浦宏規のコメント

出演が決まってからは、びっくりしたり、ワクワクしたり、プレッシャーを感じたりと色んな感情が体を駆け巡っています。今現在は55公演のロングランに耐えられる体づくりと、しっかりと原作を読み込むことに専念し、エレンを自分に落としていっている最中です。「進撃の巨人」という素敵な作品を汚さぬよう、そしてその名に恥じぬように一生懸命稽古に励んでいきたいと思います!

佃井皆美のコメント

“ライブ・インパクト”という新たなジャンルで、沢山の方から愛されているこの作品の舞台化に参加できることを心から嬉しく思っています。アクション満載のドキドキが止まらない舞台になるんじゃないかと、私自身今からワクワクしています。皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張ります!アンフィシアターを立体機動で駆け抜ける姿をぜひ観にいらしてください!この夏はぜひ、一緒に熱い夏を過ごしましょう。

阪本奨悟のコメント

これから「進撃の巨人」という作品、また「アルミン」という役と向き合って、もっと好きになって、もっと愛していきたいと思います。僕なりのアルミンをしっかり出して行きたいと思いますので、是非楽しみにしていて頂きたいです!

遠藤雄弥のコメント

先日の、ビジュアル撮影の時に、立体機動装置、団員の服に袖を通し、身が引き締まる思いでした。他の共演者の皆さんのビジュアルを拝見して、本当に楽しみで仕方ありません。客席から観ていたいくらいです(笑)今から、ライブ・インパクト「進撃の巨人」という作品がどこまで熟成され、皆さんの目の前に広がるのか、舞浜アンフィシアターで繰り広げられる巨人との戦いを、心臓捧げる覚悟を持った一人一人の勇姿を焼き付けていただいたら幸いです。

三浦宏規演じるエレン・イェーガー ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
三浦宏規演じるエレン・イェーガー ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
佃井皆美演じるミカサ・アッカーマン ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
佃井皆美演じるミカサ・アッカーマン ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
阪本奨悟演じるアルミン・アルレルト ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
阪本奨悟演じるアルミン・アルレルト ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』ポスタービジュアル ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』ポスタービジュアル ©諫山創・講談社/ライブ・インパクト「進撃の巨人」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性