『実相寺昭雄の光と闇』でTVドラマやウルトラマン上映 トークに樋口真嗣ら

特集上映『生誕80周年 / 没後10周年記念「実相寺昭雄の光と闇」』が、4月15日から東京・渋谷のユーロスペースで開催される。

2006年に逝去した映画監督の実相寺昭雄。特撮から怪奇幻想譚、SMまで様々なジャンルの作品を発表した。

実相寺の没後10周年および生誕80周年を記念した同イベント。TBS入社後に25歳で手掛けた初めての演出作品であるドラマ『おかあさん』の実相寺演出回全6話をはじめ、『ウルトラセブン』から3本、映画監督デビュー作『宵闇せまれば』、『ロカルノ国際映画祭』で金豹賞を受賞した『無常』、『実相寺昭雄監督作品ウルトラマン』などが上映作品にラインナップしている。

会期中には声優の池田秀一、研究者の碓井広義、女優で実相寺の妻・原知佐子、映画監督の樋口尚文、樋口真嗣、俳優の寺田農、ディレクターの油谷岩夫が登壇するトークイベントを開催。イベントや上映作品、スケジュールなどの詳細はユーロスペースのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『生誕80周年 / 没後10周年記念「実相寺昭雄の光と闇」』

2017年4月15日(土)~4月21日(金) 会場:東京都 渋谷 ユーロスペース
上映作品: 『おかあさん』 『ウルトラセブン』 『宵闇せまれば』 『無常』 『シルバー仮面』 『歴史はここに始まる』 『歌麿 夢と知りせば』 『実相寺昭雄監督作品ウルトラマン』 『青い沼の女』 『アリエッタ』 『ラ・ヴァルス わたし暴行されました』 『ディアローグ[對話]より 堕落 ~ある人妻の追跡調査~』 『D坂の殺人事件』

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『実相寺昭雄の光と闇』でTVドラマやウルトラマン上映 トークに樋口真嗣ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて