ニュース

山岸凉子展に『日出処の天子』など原画約200点 荒俣宏の講演会も

展覧会『山岸凉子展「光-てらす-」-メタモルフォーゼの世界-』が、5月27日に京都・京都国際マンガミュージアムで開催される。

1947年に北海道で生まれ、1969年に漫画家デビューした山岸凉子。ソビエト連邦のバレエ学校を舞台にした『アラベスク』や、伝説を交えながら厩戸皇子の生涯を描いた『日出処の天子』で知られるほか、ホラー漫画や神話を題材にした作品など、幅広い作風で制作を行なっている。

同展では山岸による、初期から現在までの原画約200点を展示。新たに出展される『日出処の天子』の原画30点以上をはじめ、『アラベスク』『舞姫―テレプシコーラ』、現在連載中の『レべレーション ―啓示―』といった作品や、読み切り作品、短編作品などの原画が並ぶ。また資料や雑誌なども出品される。

初日の5月27日には担当研究員の倉持佳代子によるギャラリートークを実施。また期間中には、新たに同館の館長に就任した荒俣宏による講演会『荒俣館長が語る!山岸凉子の世界』が行なわれる。詳細は京都国際マンガミュージアムのウェブサイトで後日発表される。

『山岸凉子展「光-てらす-」-メタモルフォーゼの世界-』ポスター表面ビジュアル ©山岸凉子
『山岸凉子展「光-てらす-」-メタモルフォーゼの世界-』ポスター表面ビジュアル ©山岸凉子
山岸凉子『アラベスク』 ©山岸凉子
山岸凉子『アラベスク』 ©山岸凉子
山岸凉子『舞姫―テレプシコーラ』 ©山岸凉子
山岸凉子『舞姫―テレプシコーラ』 ©山岸凉子
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場