ニュース

欅坂46主演の連ドラ『残酷な観客達』 平手友梨奈らが教室に閉じ込められる

『残酷な観客達』 ©「残酷な観客達」製作委員会
『残酷な観客達』 ©「残酷な観客達」製作委員会

欅坂46主演の連続ドラマ『残酷な観客達』が5月18日から日本テレビで放送される。

近未来を舞台にした同作は、突然教室に閉じ込められ、その様子が全世界にリアルタイムで配信される21人の女子高生を描く物語。配信を観ている観客から多くの「いいね!」をもらうことが脱出する唯一の方法であるという状況の中で、観客の気を惹こうとする彼女たちの行動が徐々にエスカレートしていく様が描かれる。

監督・脚本を手掛けるのは、前田敦子主演のドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』で『第35回向田邦子賞』を受賞した矢島弘一。『残酷な観客達』は同賞受賞後に矢島が脚本を手掛ける初のドラマとなる。主題歌は4月5日にリリースされた欅坂46のシングル『不協和音』の通常盤に収録されている楽曲“エキセントリック”。企画・原作は秋元康が手掛けた。

平手友梨奈(欅坂46)は演技に挑戦することについて「演技に苦手意識があるので、克服したいという気持ちだったり、不安もあるのですが、みんなで力をあわせて頑張っていきたいと思います」とコメント。また見どころについて「欅坂46はクール・かっこいいというイメージを持っている方が多いと思いますが、ドラマならではの新しい私達を見て頂きたいです」と語っている。

なお同作は地上波での放送終了後、Huluで配信がスタートする。

平手友梨奈(欅坂46)のコメント

自身が演じる役について
私が演じる「葉山ゆずき」は食に対する気持ちが強いんです。そこは私と似ているなと思いました(笑)

芝居について
演技に苦手意識があるので、克服したいという気持ちだったり、不安もあるのですが、みんなで力をあわせて頑張っていきたいと思います。

芝居の参考にしたドラマや映画について
元々、ドラマや映画はよくみています。お芝居に興味があってみているというより、ドラマやテレビが好きでよくみています。

現場の雰囲気について
明るいと思います。スタッフさんは優しいです。
人見知りのメンバーも多いですが、少しずつ打ち解けてきていると思います。

ドラマの見どころについて
欅坂46はクール・かっこいいというイメージを持っている方が多いと思いますが、ドラマならではの新しい私達を見て頂きたいです。
私も台本を読んでいて面白いと思ったので、観ている方も同じように感じてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします。

矢島弘一のコメント

欅坂46のメンバーと初めて会った時の印象
衣装合わせの日が初対面でしたが、一言。
「人見知り全開!」

ドラマの見どころについて
緊迫感と馬鹿馬鹿しさ。この正反対なものをタイトルにあるように「観客」として楽しんでもらいたい。

『残酷な観客達』 ©「残酷な観客達」製作委員会
『残酷な観客達』 ©「残酷な観客達」製作委員会
『残酷な観客達』 ©「残酷な観客達」製作委員会
『残酷な観客達』 ©「残酷な観客達」製作委員会
『残酷な観客達』ロゴ ©「残酷な観客達」製作委員会
『残酷な観客達』ロゴ ©「残酷な観客達」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)