心臓移植に直面した人々の24時間を描く 仏映画『あさがくるまえに』

映画『あさがくるまえに』が、9月16日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

2003年にフランスで出版されたメイリス・ド・ケランガルの小説を映画化した同作。自動車事故で脳死状態に陥った青年と、心臓疾患を抱えて臓器提供を待つ女性を中心に、心臓移植に直面した家族や恋人、医者の葛藤を24時間の物語として描く。幻想的な映像と最先端医療のリアルな描写も見どころのひとつとなる。

メガホンを取ったのはカテル・キレヴェレ。出演者には、黒沢清監督の『ダゲレオタイプの女』で主演を務めたタハール・ラヒム、ロマン・ポランスキー監督のブラックコメディー『毛皮のヴィーナス』のエマニュエル・セニエ、グザヴィエ・ドラン監督の『Mommy/マミー』で主役を演じたアンヌ・ドルヴァルらが名を連ねている。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

作品情報

『あさがくるまえに』

2017年9月16日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開
監督:カテル・キレヴェレ 脚本:カテル・キレヴェレ、ジル・トーラン 原作:メイリス・ド・ケランガル 出演: タハール・ラヒム エマニュエル・セニエ アンヌ・ドルヴァル ドミニク・ブラン ギャバン・ヴァルデ 上映時間:104分 配給:リアリーライクフィルムズ、コピアポア・フィルム
イベント情報

『フランス映画祭2017』

2017年6月22日(木)~6月25日(日) 会場:東京都 有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 心臓移植に直面した人々の24時間を描く 仏映画『あさがくるまえに』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて