ニュース

エル・ファニングが夢見るバレリーナに 『最強のふたり』製作陣のアニメ

アニメーション映画『BALLERINA』が、『フェリシーと夢のトウシューズ』の邦題で8月12日から公開される。

映画『最強のふたり』の製作陣が手掛けた初のアニメーション映画となる同作は、19世紀末のフランス・パリを舞台に、バレリーナになることを夢見る少女フェリシーの姿を描く作品。育った施設を親友のヴィクターと抜け出してパリに辿り着いたフェリシーが、元バレリーナのオデットと運命的な出会いを果たし、新しい世界に飛び込むというあらすじだ。

パリのオペラ座の舞台に立つことを夢見るフェリシーの声を演じるのはエル・ファニング。パリでフェリシーとはぐれてしまう親友のヴィクター役をデイン・デハーン、フェリシーにバレエを教えるオデット役をカーリー・レイ・ジェプセンが演じる。カーリー・レイ・ジェプセンは主題歌も担当。またアニメーターとして『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などのスタッフが参加している。

『フェリシーと夢のトウシューズ』ティザーポスタービジュアル ©2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.
『フェリシーと夢のトウシューズ』ティザーポスタービジュアル ©2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)