「殺人者」吉高由里子が愛に葛藤 松山ケンイチも登場の『ユリゴコロ』特報

映画『ユリゴコロ』の特報とティザービジュアルが公開された。

沼田まほかるの同名小説をもとにした『ユリゴコロ』は、余命わずかな父の書斎で見つかった、事実か創作かわからない殺人者の手記をきっかけに、宿命に翻弄される女性の人生と愛を描いた作品。殺人から逃れることができずに葛藤する主人公・美紗子役を吉高由里子が演じるほか、松山ケンイチ、松坂桃李、清野菜名らがキャストに名を連ねる。

「人殺しが、人から愛されてもいいのだろうか」というナレーションで始まる特報では、吉高演じる美紗子と松山演じる洋介が出会う場面や、無表情で何かを振り下ろす美紗子の姿、美紗子、洋介がそれぞれ涙を流すシーンなどが確認できる。ティザービジュアルには「人殺しの私を、愛してくれる人がいた。」とのコピーが記されている。

今回公開された映像は、昨年9月から10月にかけて撮影された「過去」のパートのみで構成。松坂桃李、木村多江、清野菜名が今年6月から「現在」のパートの撮影に入るという。

作品情報

『ユリゴコロ』

2017年9月23日(土・祝)から全国公開
監督・脚本:熊澤尚人 原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫) 出演: 吉高由里子 松坂桃李 松山ケンイチ 佐津川愛美 清野菜名 清原果耶 木村多江 配給:東映/日活
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「殺人者」吉高由里子が愛に葛藤 松山ケンイチも登場の『ユリゴコロ』特報

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて