「絵を描く」新世代クリエイター22作家が自身のルーツ語る『MdN』特集

特集記事「マンガ、アニメ、イラスト 新世代の才能は何を見て絵を描きはじめたのか?」が、5月6日発売の『MdN2017年6月号』に掲載される。

同特集では、様々なジャンルから影響を受けながら「絵を描く」という表現を行なうクリエイターに注目。各作家の作品を紹介しながら、彼らが自身のルーツとなった作家や作品、体験について語った記事を収録する。

掲載作家は、loundraw、西村ツチカ、pomodorosa、キナコ、wataboku、宮崎夏次系、Bahi JD、米山舞、またよし、サヌキナオヤ、マツオヒロミ、中田春彌、しきみ、かとうれい、けーしん、清原紘、ボブa.k.aえんちゃん、北村みなみ、ちゃもーい、PALOW.、爽々、秋屋蜻一の22組。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 「絵を描く」新世代クリエイター22作家が自身のルーツ語る『MdN』特集

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて