舞台『帝一の國』ライブ公演「大海帝祭」 木村了ら過去作の全キャスト集結

ライブ『學蘭歌劇「帝一の國」―大海帝祭―』が、8月11日から東京・外苑前の日本青年館ホールで上演される。

昨年に連載が完結した古屋兎丸の漫画『帝一の國』は、総理大臣になって自分の国を作るという野望のため、海帝高校の生徒会長になることを決意した高校生・赤場帝一やその周囲の美少年たちの抗争を描く作品。「學蘭歌劇」を掲げて2014年に初めて舞台化され、2015年には続編、2016年には最終章がそれぞれ上演された。

『學蘭歌劇「帝一の國」―大海帝祭―』には、帝一役を演じる木村了をはじめ、入江甚儀、三津谷亮、吉川純広、谷戸亮太ら舞台版の3作品に出演した全キャストが登場。劇中で使用された楽曲をライブ形式で披露する。チケットは7月2日10:00に販売が開始される。日替わりでスペシャルゲストも招かれ、8月11日に古屋兎丸、13日にはHAKUEI(PENICILLIN)が登場する。8月12日の登場者は後日発表される。

イベント情報

『學蘭歌劇「帝一の國」―大海帝祭―』

2017年8月11日(金・祝)~8月13日(日)全6公演 会場:東京都 外苑前 日本青年館ホール
構成・演出・音楽:小林顕作 原作:古屋兎丸『帝一の國』 出演: 木村了 入江甚儀 三津谷亮 吉川純広 谷戸亮太 細貝圭 冨森ジャスティン 瀬戸祐介 市川知宏 佐藤流司 原嶋元久 今奈良孝行 中谷竜 ぎたろー 平沼紀久 映像出演: 大河元気 佐藤永典 井上小百合(乃木坂46) 樋口日奈(乃木坂46) 津田健次郎 大堀こういち 料金:7,500円
  • HOME
  • Stage
  • 舞台『帝一の國』ライブ公演「大海帝祭」 木村了ら過去作の全キャスト集結

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて