ニュース

メディアアートで「未来の再創造」探る ICC『オープン・スペース』展が開催

『ARKHITEKTOME/アルキテクトーム』2015年 参考図版 ©慶應義塾大学SFC松川昌平研究室
『ARKHITEKTOME/アルキテクトーム』2015年 参考図版 ©慶應義塾大学SFC松川昌平研究室

展覧会『オープン・スペース 2017 未来の再創造』が、5月27日から東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]で開催される。

今年に20周年を迎える同センターが毎年開催している同展。12回目を迎える今回は「未来の再創造」をタイトルに掲げ、メディアアートを中心とした新作を含むアート作品や、教育機関による研究成果としての作品などを展示する。また新進アーティストやクリエイターを紹介するコーナー「エマージェンシーズ!」も設けられる。

出展作家には緒方壽人(Takram)、evala、三原聡一郎、ユェン・グァンミン、岩井俊雄、徳井直生+堂園翔矢(Qosmo)、オーラ・サッツ、スグウェン・チャン、nor、グレゴリー・バーサミアン、カイル・マクドナルドらが名を連ねているほか、慶應義塾大学松川昌平研究室、SBC合同研究会、archiroidのコラボ作品、昨年の『グッドデザイン賞』で大賞に輝いた「オーサグラフ地図」の開発者・鳴川肇の研究室による研究成果を展示。「エマージェンシーズ!」では具志堅裕介、小林椋、和田夏実が紹介される。また会場では映像アーカイブ「HIVE」によってICCの歩みを辿ることができる。

期間中には出品作家によるイベントや、学芸スタッフによるギャラリーツアーなどを開催予定。詳細はNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]のオフィシャルサイトで随時発表される。なお開館20周年ロゴを矢萩喜從郎がデザインしている。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

evala+鈴木昭男『大きな耳をもったキツネ』2013年
evala+鈴木昭男『大きな耳をもったキツネ』2013年
緒方壽人(Takram)『Oto-megane』2013年
緒方壽人(Takram)『Oto-megane』2013年
スグェウン・チャン『ドローイング・オペレーションズ・ユニット』2015年
スグェウン・チャン『ドローイング・オペレーションズ・ユニット』2015年
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと