舞台版『TOKYO TRIBE』にACE、DOTAMA、KEN THE 390、宮澤佐江ら

舞台『TOKYO TRIBE』の公演詳細が発表された。

架空都市「トーキョー」に生きる若者たちの日常や愛、友情を描いた井上三太の漫画『TOKYO TRIBE 2』を舞台化する同公演。9月29日から東京・渋谷のTSUTAYA O-EAST、10月11日と12日に愛知・名古屋のZepp Nagoya、10月21日と22日に大阪・松下IMPホールで上演される。

構成をマンボウやしろこと家城啓之、演出を伊藤今人(梅棒)が担当。キャストには振付も手掛ける梅棒、Beat Buddy Boi、植木豪に加え、宮澤佐江、當山みれい、ACE、DOTAMA、KEN THE 390らが名を連ねている。東京公演のチケットは6月24日から販売開始。

同公演について原作者の井上は「自分で描いた作品、世界が、ステージ化されるのはすごく興奮します!Liveでぜひ皆さま体感してください!!」とのコメントを寄せている。

イベント情報

『TOKYO TRIBE』

構成:家城啓之 演出:伊藤今人(梅棒) 振付:梅棒、Beat Buddy Boi、植木豪 原作:井上三太『TOKYO TRIBE 2』 出演: 梅棒 Beat Buddy Boi 植木豪 宮澤佐江 當山みれい ACE DOTAMA KEN THE 390 ほか 東京公演 2017年9月29日(金)~10月8日(日)全14公演 会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST 料金:S席6,900円 スタンディング4,900円 名古屋公演 2017年10月11日(水)、10月12日(木)全2公演 会場:愛知県 名古屋 Zepp Nagoya 料金:6,900円(ドリンク別) 大阪公演 2017年10月21日(土)、10月22日(日)全3公演 会場:大阪府 松下IMPホール 料金:6,900円
  • HOME
  • Stage
  • 舞台版『TOKYO TRIBE』にACE、DOTAMA、KEN THE 390、宮澤佐江ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて