釜山行きの電車で起こるパンデミックの恐怖 映画『新感染』初日&特報

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』の公開日が9月1日に決定。あわせて特報とティザービジュアルが公開された。

釜山行きの高速鉄道の車内で突如発生したパンデミックの恐怖を描く同作。未知のウイルスに侵された人々が凶暴化し始める中で、偶然乗り合わせた父と幼い娘や妊娠中の女性とその夫、学生たちが安全な終着駅を目指して決死の戦いに挑むというあらすじだ。

監督を務めたのはヨン・サンホ。キャストにはドラマ『コーヒープリンス1号店』『トッケビ』、映画『トガニ 幼き瞳の告発』などのコン・ユ、『ソニはご機嫌ななめ』『3人のアンヌ』といったホン・サンス監督作に出演しているチョン・ユミ、映画『殺されたミンジュ』などのマ・ドンソクらが名を連ねている。英題は『Train to Busan』。

公開された特報ではコン・ユ演じる男が車内で娘を抱えて逃げる様子や、感染した女の姿、大量の感染者が襲い掛かる様子などが映し出されているほか、「激走!爆走!超ヤバイ!」という樋口真嗣監督のコメントも確認できる。

またティザービジュアルには、樋口監督をはじめ、スティーヴン・キング、ギレルモ・デル・トロ、ジェームズ・ガン、エドガー・ライト、イーライ・ロス、石井克人、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、ヒャダイン、最上もが(でんぱ組.inc)、田中要次、北村一輝らが同作に寄せたコメントが掲載されている。

作品情報

『新感染 ファイナル・エクスプレス』

2017年9月1日(金)から全国公開
監督:ヨン・サンホ 出演: コン・ユ チョン・ユミ マ・ドンソク 上映時間:118分 配給:ツイン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 釜山行きの電車で起こるパンデミックの恐怖 映画『新感染』初日&特報

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて