ニュース

満島ひかりがアートの旅へ、『美術手帖』アートフェスティバル特集

特集記事「アートフェスティバルを楽しもう!」が、本日6月17日に刊行された『美術手帖7月号』に掲載されている。

全国で開催される芸術祭や国際展を紹介する同特集。満島ひかりと共に長野・信濃大町エリアで初開催されている『北アルプス国際芸術祭』を巡るコーナーをはじめ、『奥能登国際芸術祭2017』『Reborn-Art Festival 2017』『札幌国際芸術祭2017』『ヨコハマトリエンナーレ2017』といった国内のイベントや、『ヴェネチア・ビエンナーレ』『ドクメンタ14』『ミュンスター彫刻プロジェクト』なども取り上げている。

またコラムを集める「アートフェスティバル、どう評価する? 日本の芸術祭の課題と未来」には、川俣正、北川フラム、山出淳也、港千尋、飯田志保子、小澤慶介、服部浩之、林暁甫、藤田直哉、黒瀬陽平が寄稿。付録として、アートフェスティバルカレンダーなどを含む「Art Festival Guide 2017」が付属する。

なお特集外には、静岡・ヴァンジ彫刻庭園美術館で個展『日高理恵子 空と樹と』を開催中の日高理恵子のインタビューや、レスリー・キーがコムアイ(水曜日のカンパネラ)を撮影するコーナーも掲載される。

『美術手帖7月号』表紙
『美術手帖7月号』表紙
『美術手帖7月号』より
『美術手帖7月号』より
『美術手帖7月号』より
『美術手帖7月号』より
『美術手帖7月号』より
『美術手帖7月号』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)