ニュース

国内外の新世代フォーク音楽を紹介する本 細野晴臣×デヴェンドラ対談も

ムック『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』が、本日6月17日に刊行された。

新世代のフォーク系ミュージシャンと、彼らがルーツに持つ音楽を紹介する同書。6月16日に約6年ぶりとなる新作『Crack-Up』をリリースしたFleet Foxesのインタビューや、細野晴臣とデヴェンドラ・バンハートの対談、1964年に設立されたNonesuch Recordsの特集記事、日本のフォーク音楽のディスクガイドなどが掲載される。

またファーザー・ジョン・ミスティ、ジョナサン・ウィルソン、First Aid Kit、The Magnetic Fields、コナー・オバースト、ダン・オーバック、ライリー・ウォーカー、サム・アドミン、カート・ヴァイル、ケヴィン・モービー、シャロン・ヴァン・エッテン、ローラ・マーリング、アーロン・デスナー(The National)、ダニエル・ロッセン(Grizzly Bear)らが登場する。ライターの清水祐也(Monchicon!)が監修を務めている。

『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』表紙
『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)