ニュース

J・ストラマーも被写体に、パンク黎明期のロンドン写すハービー・山口展

ハービー・山口『You can click away of whatever you want: That's PUNK』表紙
ハービー・山口『You can click away of whatever you want: That's PUNK』表紙

『ハービー山口 写真展 “You can click away of whatever you want: That's PUNK”』が、6月23日から東京・原宿のBOOKMARCで開催される。

1950年に生まれた写真家のハービー・山口。大学卒業後の約10年間をイギリスで過ごし、パンクミュージシャンらを撮影した。帰国後は多数のCDジャケットを手掛けているほか、俳優、エッセイスト、作詞家としても活動している。

山口の写真集『You can click away of whatever you want: That's PUNK』の刊行を記念する同展。1970年代のイギリス・ロンドンでパンクミュージシャンたちを捉えた作品が展示される。作品にはジョー・ストラマー(The Clash)や、山口のルームメイトだったボーイ・ジョージ(Culture Club)らが写されている。写真集のタイトルは、イギリスの地下鉄でストラマーに撮影許可を取った際に言われた「撮りたいものは全て撮るんだ、それがパンクだろ!」というフレーズに由来するという。

なお会場のBOOKMARCはファッションブランド「マーク ジェイコブス」によるブックストア。会期初日の6月23日にはレセプションとハービー・山口によるサイン会が行なわれる。

ハービー・山口作品
ハービー・山口作品
『ハービー山口 写真展  “You can click away of whatever you want: That's PUNK”』メインビジュアル
『ハービー山口 写真展 “You can click away of whatever you want: That's PUNK”』メインビジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言