武田砂鉄の評論集『コンプレックス文化論』 澤部渡、中村佑介らが語る

武田砂鉄の著書『コンプレックス文化論』が、7月14日に刊行される。

同書は、CINRA.NETで2012年から連載された『コンプレックス文化論』をもとに、加筆・修正を行なって書籍化したもの。ミュージシャンや俳優、小説家、芸術家、デザイナーらが表現活動を始めた理由は彼らのコンプレックスに潜んでいるのではないかという観点のもと、「コンプレックスが文化を形成してきたのでは」と仮説を立てた筆者が、コンプレックスと向き合い考察した評論集だ。

さらにその仮説を裏付けるべく、コンプレックスを「キャラ」や「欲」に変えて活動している表現者10人へのインタビューを収録。「天然パーマ」を語る有馬和樹(おとぎ話)や「セーラー服」を語る中村佑介、「遅刻」を語る安齋肇、「下戸」の澤部渡(スカート)、「一重」の朝倉みずほ(ex.BELLRING少女ハート)をはじめ、黒田勇樹、篠原かをり、泰平、鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)、矢幡洋が登場している。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 武田砂鉄の評論集『コンプレックス文化論』 澤部渡、中村佑介らが語る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて