ニュース

徳井義実がモデル役 森川葵&北村匠海&佐藤寛太『恋と嘘』追加キャスト

今秋に公開される映画『恋と嘘』の追加キャストが発表された。

同作は、自由な恋愛が許されず、政府から最良の結婚相手を通知される法律が施行されている近未来の世界を舞台した青春ラブストーリー。政府が決めた「最高の結婚相手」と身近にいる「最高の相手」の間で揺れる主人公・仁坂葵役を森川葵、葵に密かに想いを寄せる幼なじみ・司馬優翔役を北村匠海(DISH//)、葵の政府通知相手・高千穂蒼佑役を佐藤寛太(劇団EXILE)が演じる。

今回出演が明らかになったのは、葵の叔父で人気モデルの四谷大輔役を演じる徳井義実(チュートリアル)、葵と優翔のクラスメイト・小夏役の浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、秋帆役の田辺桃子、葵と優翔の行きつけのクレープ屋の店員役を演じる温水洋一、政府通知で結婚した葵の両親役を演じる遠藤章造(ココリコ)と三浦理恵子、蒼佑の両親役を演じる中島ひろ子と木下ほうか。各キャストを捉えた場面写真も公開されている。

徳井は撮影を振り返り「友達と両親の中間のような、良き理解者っぽい雰囲気が出るように自分なりにやらせていただきました」とコメント。森川は徳井について「モデルや俳優として活躍してる親戚のおじさんという設定だったのですが、あまりのかっこよさに、セリフでおじさんと呼ぶのに戸惑いました」と語っている。

徳井義実のコメント

主人公葵の叔父という役どころということで、両親にはなんとなく言えないような相談なんかもできる、友達と両親の中間のような、良き理解者っぽい雰囲気が出るように自分なりにやらせていただきました。
ありえないような設定ではあるけれども、どこかにそんな世界があるかもなとも思えるような不思議な作品です。

森川葵のコメント

モデルや俳優として活躍してる親戚のおじさんという設定だったのですが、あまりのかっこよさに、セリフでおじさんと呼ぶのに戸惑いました。あまり撮影日数の無い中で現場に来てお芝居をするのは大変だと思うのですが、その中に溶け込んでとても自然にお芝居をされてらっしゃったのでついつい、そんな自然な徳井さんのお芝居に、主演として出来るだけ引っ張っていくつもりだった自分が気付けば引っ張られていました。一緒にお芝居できて楽しかったです!

浅川梨奈のコメント

「恋と嘘」の原作を読ませていただいたのですが世界観がすごく好きでこの世界に自分も入れると考えると嬉しくて仕方なかったです。
小夏はクラスの中でも目立つ少し派手な女の子ですが政府通知に対して物凄く純粋な気持ちがあり、友達思いな一面も持ち合わせてる子なのでピュアな気持ちで演じさせて頂きました。原作「恋と嘘」の世界観でありながら内容は少し違ったものになってるので原作を好きな方にも知らない方にも楽しんでもらえる作品だと思いますし、葵、司馬、高千穂の3人がどうなるのか出演させて頂きながらも楽しみです。個人的には小夏の髪型に注目してもらえたら嬉しいです!

田辺桃子のコメント

オファーが来た時は、私自身もSFや近未来的な映画を観ることが好きというのもありとても楽しみな気持ちでした。役づくりとしては、私が演じた秋帆が葵や小夏との日常と政府通知による恋愛という非日常のコントラストや''違い''がはっきりするように意識しました。私は撮影が始まって3日目から参加したのですが、古澤監督をはじめスタッフの皆さんと共演者の方々が温かく迎えてくださったので、思う存分秋帆を演じることができました。秋帆が暮らす世界の当たり前、その中でのリアルとも通じる感情、その二つの空間を是非楽しんで頂きたいです。

遠藤章造のコメント

仁坂葵の父親、仁坂遥一役を演じさせて頂きましたココリコの遠藤章造です。今回、シーンは少なかったですけれど、現場は楽しい雰囲気で、一生懸命やらせて頂きました!出来上がった映画を相方には悪いですが、嫁と手を繋いで観に行きたいと思います。

 

四谷大輔役の徳井義実 ©2017「恋と嘘」製作委員会 ©ムサヲ/講談社
四谷大輔役の徳井義実 ©2017「恋と嘘」製作委員会 ©ムサヲ/講談社
『恋と嘘』 ©2017「恋と嘘」製作委員会 ©ムサヲ/講談社
『恋と嘘』 ©2017「恋と嘘」製作委員会 ©ムサヲ/講談社
『恋と嘘』ポスタービジュアル ©2017「恋と嘘」製作委員会 ©ムサヲ/講談社
『恋と嘘』ポスタービジュアル ©2017「恋と嘘」製作委員会 ©ムサヲ/講談社
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察