ニュース

エミール・クストリッツァ監督率いるバンドが9年ぶり来日公演、Zeppに登場

Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra
Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra

映画監督のエミール・クストリッツァによるバンド「Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra」の来日公演が、9月2日に東京・お台場のZepp Tokyoで開催される。

サラエボ出身のエミール・クストリッツァは、初の長編監督作『ドリー・ベルを憶えてる?』で『第38回ヴェネチア国際映画祭』新人監督賞を受賞。その後も『パパは、出張中!』『アンダーグラウンド』で『カンヌ国際映画祭』パルムドールを2度受賞している。9月から新作長編映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』が日本公開される。

クストリッツァ自身が率いるEmir Kusturica & The No Smoking Orchestraは、バルカン諸国を発祥とするジプシー音楽と、ジャズ、ラテン、スカ、ハードロックなどをミクスチャーした「ウンザ・ウンザ・ミュージック」を奏でるバンド。メンバーには監督の実子で、『オン・ザ・ミルキー・ロード』の音楽も手掛けているストリボール・クストリッツアも所属している。

同バンドの来日公演は2008年以来となる。チケット一般販売は7月1日からスタート。

Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra
Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra
Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra
Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra
Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra
Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra
『オン・ザ・ミルキー・ロード』ポスタービジュアル
『オン・ザ・ミルキー・ロード』ポスタービジュアル
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)