ニュース

アニメ映画『フリクリ2』『フリクリ3』来年公開 主題歌はthe pillows

アニメーション映画『フリクリ2』『フリクリ3』が来年に全国公開されることが発表された。

7月1日からアメリカ・ロサンゼルスで開催されている『ANIME EXPO』で公開が発表された『フリクリ2』『フリクリ3』は、2000年から2001年にかけて全6巻でリリースされたOVA作品『フリクリ』の続編。アイロンの吐き出す煙がたちこめる街が舞台となり、ヘッドフォンの少女・ヒドミが轢かれた夜に、クラスメイトの少年・井出の額から巨大ロボットが出現するというあらすじだ。

今回の発表とあわせて『フリクリ2』のティザービジュアル、第1弾PV、場面カットが公開。PVでは、前作に引き続き主題歌を担当するthe pillowsの音源も披露された。

『フリクリ2』『フリクリ3』総監督は本広克行、スーパーバイザーはOVA版の監督・鶴巻和哉が務め、脚本は岩井秀人(ハイバイ)、キャラクター原案は貞本義行、メカニックデザインは押山清高が担当。

『フリクリ2』の監督は荒井和人、海谷敏久、小川優樹、井端義秀、末澤慧、博史池畠が務める。キャラクターデザインは久保田誓が担当。アニメーションはProduction I.Gが制作する。『フリクリ3』の監督を務めるのは上村泰、鈴木清崇。キャラクターデザインは高橋裕一が手掛ける。アニメーション制作はProduction I.G × NUT × REVOROOT。

なお『ANIME EXPO』の会場には4千人に以上のファンが来場。プロダクション・アイジー代表取締役社長の石川光久は、「本日はこんなに多くの海外のアニメファンの方にご来場いただき、大変光栄に思っております。海外でも人気のある『フリクリ』続編を制作できることは幸運だと感じています。ぜひ新たな『フリクリ』の世界に、ご期待ください」とコメントした。

山中さわお(the pillows)のコメント

とりあえず大きな声で「イェーイ!!」って。他のバンドがやっていたら、ジェラシーで新シーズンは観ませんよ。
今回は『フリクリ』のことを考えて曲を作りました。この話がなければ、僕らの中からは絶対に生まれることのなかった曲なんですよ。特に歌詞とかは。なのでとっても気に入っています。これから僕らの代表曲となるものが生み出されたことに幸せに感じています。期待以上のものを作れたと思っていますので、楽しみにしてください。

真鍋吉明(the pillows)のコメント

16年も経っていますから。他のバンドに取られるのではないかと心を痛めていたところにお話が来て。
大きな声で「イェーイ!!」ですね。うれしかったです。16年って結構長い期間なので、バンドをやっていて「よかったね」というのはありますね。『フリクリ』の新シリーズでthe pillowsの音楽をまた新たに知るきっかけになるかもしれないし、いまのthe pillowsのファンにも初めて『フリクリ』を観る人もいるかもしれません。そんな新たな関係性、いい出会いが、これから増えるような予感がしてワクワクしています。

佐藤シンイチロウ(the pillows)のコメント

the pillowsと『フリクリ』をイコールで考えていただいて。いまだ縁があってうれしいな。
これを機会に自分たちの曲を再録したり、また格好いい新曲ができたり。とても手応えを感じています。
あとは音楽が映像に乗ったのを観るのが楽しみです。そしてアニメの大ヒットを祈っております。

『フリクリ2』ティザービジュアル ©2018 Production I.G / 東宝 illustration by Chikashi Kubota
『フリクリ2』ティザービジュアル ©2018 Production I.G / 東宝 illustration by Chikashi Kubota
the pillows
the pillows
『フリクリ2』『フリクリ3』PVより ©2018 Production I.G / 東宝
『フリクリ2』『フリクリ3』PVより ©2018 Production I.G / 東宝
『フリクリ2』『フリクリ3』PVより ©2018 Production I.G / 東宝
『フリクリ2』『フリクリ3』PVより ©2018 Production I.G / 東宝
『フリクリ2』『フリクリ3』PVより ©2018 Production I.G / 東宝
『フリクリ2』『フリクリ3』PVより ©2018 Production I.G / 東宝
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)