ニュース

R・ゴズリング×H・フォード 「新旧ブレードランナー」が対峙する場面写真

『ブレードランナー 2049』
『ブレードランナー 2049』

映画『ブレードランナー 2049』の新たな場面写真が公開された。

公開されたのは、ライアン・ゴズリング演じる新人捜査官・Kと、ハリソン・フォード演じる前作の主人公リック・デッカードが対峙する場面を捉えたもの。「新旧ブレードランナー」である2人が飲食店のような場所で向かい合っている様が写し出されている。前作の舞台から30年後の2049年を舞台にした『ブレードランナー 2049』では、30年間行方不明だった、「何かを知る」デッカードをKが探すところから物語が展開される。

1982年公開の前作から約35年ぶりにデッカードを演じたハリソン・フォードは「この世界に戻ってこられて嬉しい。30年後(のデッカード)を演じるのは凄く面白かったし、昔の服がピッタリだったのも嬉しかったよ。時を経て、キャラクターを作り上げていく事はとてもやりがいがある」とコメント。作品については「デッカードと他のキャラクターの関係性がとても魅力的だ。『2049』では進化したテクノロジーとその社会的影響についても語られている。ストーリー・舞台・キャラクターが興味深く融合しているよ」と明かしている。

またライアン・ゴズリングはハリソン・フォードとの共演について「ハリソン・フォードがセットに居なくても、常にそこに居るかのような存在感を感じたよ。ヴィルヌーヴ監督がチームに向かって時々言うんだ『ハリソンがそこに座っているとしよう。彼は満足するかな?』って」と語っており、一方のハリソン・フォードはライアン・ゴズリングについて「彼は生まれながらの感情的知性を持っていて、彼と仕事ができるのは喜びだった。ライアン、そしてヴィルヌーヴ監督と仕事をして、とても満足のいく経験ができたよ」と賛辞を贈っている。

10月27日から公開される『ブレードランナー 2049』は、フィリップ・K・ディック原作、リドリー・スコット監督による1982年の映画『ブレードランナー』の続編。製作総指揮をリドリー・スコットが務める。監督は『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。

『ブレードランナー 2049』ポスタービジュアル
『ブレードランナー 2049』ポスタービジュアル
『ブレードランナー 2049』
『ブレードランナー 2049』
『ブレードランナー 2049』
『ブレードランナー 2049』
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像