ニュース

「戦争と平和」にまつわる特集上映に『この世界の片隅に』『原爆の子』など

『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

特集上映『映画で見る平和への願い』が、8月5日から神奈川・川崎市市民ミュージアムで開催される。

同イベントでは、「広島をめぐる映画たち」と「知られざる戦争の影」の2つのテーマで全10作品を上映。上映作品には、片渕須直監督のアニメーション映画『この世界の片隅に』、GHQの検閲により未公開となった広島の復興を映す記録映画で、2005年に川崎市市民ミュージアムで発見された『平和記念都市ひろしま』、日本で初めて原爆を取り上げたとされる新藤兼人監督の劇映画『原爆の子』、戦前に制作された影絵アニメーション『煙突屋ペロー』、安保闘争の挫折感を抱える男が失踪した知人を探して広島をさまよう様を描いた『河 あの裏切りが重く』などがラインナップしている。上映スケジュールなどの詳細は川崎市市民ミュージアムのオフィシャルサイトで確認しよう。

『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『原爆の子』
『原爆の子』
『硫黄島』
『硫黄島』
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)