鹿殺し・丸尾丸一郎が『asta*』に自叙伝小説連載 劇団の草創期を綴る

丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)の小説『さよなら鹿ハウス』がポプラ社のPR小説誌『asta*』の8月号から連載される。

丸尾丸一郎の自伝長編小説となる同作。劇団鹿殺しが上京してから一軒家「鹿ハウス」で過ごした共同生活の日々や、年間千回以上行なわれた路上パフォーマンスなど、劇団の草創期の物語が綴られる。イラストはつちもちしんじが担当。同作は2018年に単行本化を予定している。

なお丸尾丸一郎が作、演出を手掛け、松岡充が主演を務める舞台『OFFICE SHIKA PRODUCE VOL.M「不届者」』が、9月27日から東京・天王洲の銀河劇場ほかで上演される。

  • HOME
  • Book
  • 鹿殺し・丸尾丸一郎が『asta*』に自叙伝小説連載 劇団の草創期を綴る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて