「キンプリ」初の舞台化 キャスト&ビジュアル公開、脚本は青葉譲が続投

舞台『KING OF PRISM -Over the Sunshine!-』が、11月2日から大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、11月8日から東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される。

『KING OF PRISM』シリーズ初の舞台作品となる同作。歌、ダンス、ジャンプなどの魅力を競う「プリズムショー」の頂点を目指す男子達が、パフォーマンスを行なう様や、成長していく姿を描く。舞台でも劇場版アニメ同様に様々な歌やダンスなどが披露されるという。

出演者には、一条シン役の橋本祥平、神浜コウジ役の小南光司、速水ヒロ役の杉江大志、仁科カヅキ役の大見拓土をはじめ、横井翔二郎、長江崚行、村上喜紀、五十嵐雅、星元裕月、廣野凌大らが名を連ねている。脚本を劇場版に引き続き青葉譲が担当するほか、演出を舞台『弱虫ペダル』『銀河英雄伝説』『戦国BASARA』などの宇治川まさなり、音楽を劇場版の劇伴を担当した石塚玲依が手掛ける。

チケットの先行予約は本日7月24日18:00から受付中。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

橋本祥平のコメント

映画館で劇場版を観たときにキャラクターがその場にいるようなお客さんの反応に驚きました。そんな人気作品の主演を演じさせていただくので、プレッシャーがスゴイです。舞台も愛していただけるよう、一条シンとして精一杯演じて踊って歌ってキラキラしたいと思っています。

小南光司のコメント

今回は今まで演じたことのないキャラクターで新しい挑戦ができるのが楽しみです。
役を演じるのが待ち遠しくてワクワクドキドキしています。

杉江大志のコメント

たくさんの方に愛されていて、とにかくハッピーで元気がもらえる作品なので舞台からも、たくさんのエネルギーをお客さんへ届けていきたいです。お客さんに心から笑ってもらい、皆さんに笑顔で帰ってもらえるような作品にしたいです。

大見拓土のコメント

俳優人生のターニングポイントになると思う位重要な役をいただいたと思っています。それなりの覚悟と仁科カヅキを演じるという責任感を持って、ステージ上では勇気をもって演じられたらいいなと思っています。

イベント情報

『KING OF PRISM -Over the Sunshine!-』

演出:宇治川まさなり 脚本:青葉譲 音楽:石塚玲依 原作:T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ 出演: 橋本祥平 小南光司 杉江大志 大見拓土 横井翔二郎 長江崚行 村上喜紀 五十嵐雅 星元裕月 廣野凌大 ほか 大阪公演 2017年11月2日(木)~11月5日(日)全5公演 会場:大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 料金:8,000円 東京公演 2017年11月8日(水)~11月12日(日)全7公演 会場:東京都 渋谷 AiiA 2.5 Theater Tokyo 料金:8,000円
  • HOME
  • Stage
  • 「キンプリ」初の舞台化 キャスト&ビジュアル公開、脚本は青葉譲が続投

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて