オラファー・エリアソンの記録映画『視覚と知覚』 「滝」の制作過程も映す

映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』が、8月5日から東京・渋谷のアップリンク、神奈川・横浜シネマ・ジャック&ベティほか全国で公開される。

同作は、1967年にデンマークで生まれ、現在はドイツ・ベルリンとコペンハーゲンを拠点に活動する現代美術家オラファー・エリアソンを追った初のドキュメンタリー作品。エリアソンが2008年にアメリカ・ニューヨークのイースト川に作った巨大な滝のインスタレーション『ザ・ニューヨークシティー・ウォーターフォールズ』の制作過程や、石川・金沢21世紀美術館への出展作品、ドイツにあるスタジオの映像、創作や講演で世界中を駆け巡るエリアソンの姿などが収められている。

メガホンを取ったのはヘンリク・ルンデとヤコブ・イェルゲンセン。なおエリアソンは、8月4日から神奈川・横浜美術館と横浜赤レンガ倉庫1号館を中心に開催される『ヨコハマトリエンナーレ2017』に作品『Green light』を出品する。

作品情報

『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』

2017年8月5日(土)からアップリンク、横浜シネマ・ジャック&ベティほか全国で公開
監督:ヘンリク・ルンデ、ヤコブ・イェルゲンセン 出演:オラファー・エリアソン 上映時間:77分 配給:フィッカ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • オラファー・エリアソンの記録映画『視覚と知覚』 「滝」の制作過程も映す

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて