ニュース

後藤正文ら3人がキュレーション 47人の「暮らしかた」紹介する展覧会

左から竹内昌義(みかんぐみ)、伊藤菜衣子、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
左から竹内昌義(みかんぐみ)、伊藤菜衣子、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

展覧会『NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた -Off-Grid Life-』が、8月3日から東京・渋谷ヒカリエのd47 MUSEUMで開催される。

衣食住や働き方、流通など、様々な場面で常識にとらわれない「暮らしかた」を実践している人々を47都道府県から1人ずつ紹介する同展。キュレーターを「暮らしかた冒険家」として活動する伊藤菜衣子、「The Future Times」の編集長を務めている後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、建築家の竹内昌義(みかんぐみ)の3人が務める。

初日の8月3日にはキュレーター3人によるトークセッションを実施。また会期中には、キュレーターと出展者によるトークイベントも開催される予定だ。詳細はD&DEPARTMENTのウェブサイトで順次発表される。

『NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた -Off-Grid Life-』ビジュアル
『NIPPONの47人 2017 これからの暮らしかた -Off-Grid Life-』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)