イラストレーター・apapicoが初個展の資金を募集 リターンに似顔絵制作も

apapicoのクラウドファンディングプロジェクト「初めての個展を開きたいです!」が、9月15日まで資金を募集している。

apapicoこと菊池信哉は、福島出身のデザイナー・イラストレーター。アーティストのアシスタントやクラブイベントでのVJ、同人活動などを経て現在はstudioNASに所属し、イラストやキャラクターの制作、グラフィックデザインなどを手掛けている。

同プロジェクトは、個展『It's not started,yet.』の開催資金を募るもの。『It's not started,yet.』は10月20日、10月21日、10月22日、10月27日、10月28日の5日間にわたって東京・馬喰町FACTORYで開催され、新作のイラストやシルクスクリーン作品が展示される予定だ。

リターンには、同展のパンフレットや限定Tシャツ、オルゴールセットといったグッズのほか、apapicoが支援者の似顔絵を制作するコースも用意。目標金額は10万円となり、集まった資金は制作費や展示スペースのレンタル費に充てられるという。詳細はCAMPFIREのプロジェクトページを確認しよう。

イベント情報

apapico
『It's not started,yet.』

2017年10月20日(金)~10月22日(日)、10月27日(金)、10月28日(土) 会場:東京都 馬喰町FACTORY 時間:金曜15:00~20:00 土、日曜12:00~20:00(入場は19:45まで) 料金:無料
  • HOME
  • Art/Design
  • イラストレーター・apapicoが初個展の資金を募集 リターンに似顔絵制作も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて