ニュース

映画『鈴木家の嘘(仮)』に岸部一徳、原日出子、加瀬亮ら ヒロイン公募も

左から岸部一徳、原日出子、加瀬亮、岸本加世子
左から岸部一徳、原日出子、加瀬亮、岸本加世子

映画『鈴木家の嘘(仮)』が2018年に公開される。

同作は、「作家主義」「俳優発掘」をテーマに据え、これまでに沖田修一監督『滝を見にいく』、橋口亮輔監督『恋人たち』、坂下雄一郎監督『東京ウィンドオーケストラ』などを生み出してきた松竹ブロードキャスティングによる第6弾プロジェクトとして制作。引きこもりの長男の突然の死に直面した鈴木家の混乱と再生を笑いと涙で綴る。

鈴木家の家長である父役に岸部一徳、母役に原日出子、長男役に加瀬亮、叔母役に岸本加世子がキャスティング。監督、脚本は、同作が初監督作となる野尻克己が務める。

岸部一徳は「初監督、自分の思ったとおりの映画を撮ってください。楽しみにしています」、原日出子は「夫婦にも親子にも何かしら嘘はあるもの。それが愛情に溢れた優しい嘘なら時に真実よりも美しいと思えます」とそれぞれコメント。野尻克己監督は「『家族』とは何か、知りたくてこの脚本を書いた。私は目撃したい。そこに見える本当の家族の風景を」と述べている。

なお同作のヒロインとなる鈴木家の長女・富美役と、鈴木家にまつわる様々な登場人物約20人を選出するオーディションを兼ねたワークショップを開催。演技の経験の有無は問わない。締切は8月31日必着。詳細はワークショップ応募サイトで確認しよう。

岸部一徳のコメント

初監督、自分の思ったとおりの映画を撮ってください。楽しみにしています。

原日出子のコメント

夫婦にも親子にも何かしら嘘はあるもの。それが愛情に溢れた優しい嘘なら時に真実よりも美しいと思えます。

野尻克己監督のコメント

『家族』とは何か、知りたくてこの脚本を書いた。私は目撃したい。そこに見える本当の家族の風景を。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる