ニュース

映画『鈴木家の嘘(仮)』に岸部一徳、原日出子、加瀬亮ら ヒロイン公募も

左から岸部一徳、原日出子、加瀬亮、岸本加世子
左から岸部一徳、原日出子、加瀬亮、岸本加世子

映画『鈴木家の嘘(仮)』が2018年に公開される。

同作は、「作家主義」「俳優発掘」をテーマに据え、これまでに沖田修一監督『滝を見にいく』、橋口亮輔監督『恋人たち』、坂下雄一郎監督『東京ウィンドオーケストラ』などを生み出してきた松竹ブロードキャスティングによる第6弾プロジェクトとして制作。引きこもりの長男の突然の死に直面した鈴木家の混乱と再生を笑いと涙で綴る。

鈴木家の家長である父役に岸部一徳、母役に原日出子、長男役に加瀬亮、叔母役に岸本加世子がキャスティング。監督、脚本は、同作が初監督作となる野尻克己が務める。

岸部一徳は「初監督、自分の思ったとおりの映画を撮ってください。楽しみにしています」、原日出子は「夫婦にも親子にも何かしら嘘はあるもの。それが愛情に溢れた優しい嘘なら時に真実よりも美しいと思えます」とそれぞれコメント。野尻克己監督は「『家族』とは何か、知りたくてこの脚本を書いた。私は目撃したい。そこに見える本当の家族の風景を」と述べている。

なお同作のヒロインとなる鈴木家の長女・富美役と、鈴木家にまつわる様々な登場人物約20人を選出するオーディションを兼ねたワークショップを開催。演技の経験の有無は問わない。締切は8月31日必着。詳細はワークショップ応募サイトで確認しよう。

岸部一徳のコメント

初監督、自分の思ったとおりの映画を撮ってください。楽しみにしています。

原日出子のコメント

夫婦にも親子にも何かしら嘘はあるもの。それが愛情に溢れた優しい嘘なら時に真実よりも美しいと思えます。

野尻克己監督のコメント

『家族』とは何か、知りたくてこの脚本を書いた。私は目撃したい。そこに見える本当の家族の風景を。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー