ニュース

天才バレエ少女の数奇な運命描く仏映画『ポリーナ、私を踊る』 予告編公開

映画『ポリーナ、私を踊る』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

同作はボリショイ・バレエ団のバレリーナを目指すロシアの少女・ポリーナを主人公にした作品。厳格な師であるボジンスキーとの練習を重ね、ボリショイ・バレエ団への入団を目前にしたポリーナが、コンテンポラリーダンスと出会ったことから突如フランスに移住し、ダンスカンパニーで新たな生活を始めるというあらすじだ。バスティアン・ヴィヴェスによるバンド・デシネ作品『ポリーナ』が原作となっている。

ポリーナ役を演じるのは、実際にバレエダンサーとして活動し、同作で映画デビューを果たすアナスタシア・シェフツォワ。共演者にはニールス・シュナイダー、ジュリエット・ビノシュ、ジェレミー・ベランガール、アレクセイ・グシュコフが名を連ねる。監督はヴァレリー・ミュラーとアンジュラン・プレルジョカージュが務めている。

公開された予告編では、子供たちがバレエの練習に励む姿や、「苦労の痕跡は見せるな」と指導するボジンスキーの姿、ポリーナの「他人の振り付けをマネるのはイヤなの」というセリフ、ジュリエット・ビノシュ扮するコンテンポラリーダンスの振付家が「あなたは何者?」とポリーナに尋ねる姿、演技中にポリーナが転倒するシーンなどが確認できる。

なお同作は昨年に『第73回ヴェネチア国際映画祭』で上映された。

『ポリーナ、私を踊る』ポスタービジュアル ©2016 Everybody on Deck - TF1 Droits Audiovisuels - UCG Images - France 2 Cinema
『ポリーナ、私を踊る』ポスタービジュアル ©2016 Everybody on Deck - TF1 Droits Audiovisuels - UCG Images - France 2 Cinema
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)