ニュース

松居大悟の新作『アイスと雨音』ビジュアル 舞台上演目指す6人の若者描く

松居大悟監督の新作映画『アイスと雨音』のティザービジュアルとあらすじが公開された。

映画『アズミ・ハルコは行方不明』やドラマ『バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』などを手掛けた松居大悟監督。2018年初春から公開される『アイスと雨音』は小さな町で上演が予定されていたイギリスの戯曲の初演が中止となり、落胆する6人の少年少女が舞台に立ちたいという思いから本番が予定されていた日に劇場に突入する、というあらすじだ。

公開されたビジュアルには、キャストの紅甘、戸塚丈太郎、田中怜子、森田想、田中偉登、青木柚の姿が写し出されている。衣装はKEISUKEYOSHIDA、音楽はMOROHAが手掛けた。

KEISUKEYOSHIDAのコメント

今回、はじめての映画衣装で不安も多かったのですが、松居さんからこの企画のお誘いいただいたときに、これは絶対にやりたいと思いました。
僕は普段、明るいのか暗いのかわからない思春期の子たちの感情や、彼らのもがく姿にどうしようもないくらい強く惹かれてファッションをデザインしているのですが、松居さんも思春期にどうしようもないくらいに惹かれ、その一瞬に特別な感情を持って向き合っていてその姿勢にひたすらに共感しています。
松居さんの強い感情と、思春期真っ只中の8人が真剣に熱くぶつかり合った撮影現場は、本当に一瞬で、とてつもない生々しさで溢れていました。
一人一人のありのままの姿を剝き出しのまま見て感じてもらいたかったので、僕ができることは本当にほんの少しでしたが、一人一人の魅力がより伝わるように意識してスタイリングを組みました。
微力ながらも『アイスと雨音』に関わって、すごい熱量を共有できたあの時間はとても貴重だったなと思います。

『アイスと雨音』ティザービジュアル ©「アイスと雨音」実行委員会
『アイスと雨音』ティザービジュアル ©「アイスと雨音」実行委員会
松居大悟
松居大悟
KEISUKEYOSHIDA
KEISUKEYOSHIDA
MOROHA
MOROHA
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)