ニュース

大山エンリコイサム個展 『ファウンド・オブジェクト』シリーズの新作展示

大山エンリコイサム制作風景 Photo by CEDRIC RIVEAU
大山エンリコイサム制作風景 Photo by CEDRIC RIVEAU

大山エンリコイサムの個展『ファウンド・オブジェクト Found Object』が、9月1日から東京・コートヤードHIROOで開催される。

グラフィティ文化やストリートアートを消化した絵画作品で知られる大山エンリコイサム。独自のモチーフ「クイック・ターン・ストラクチャー」を用いたペインティング作品を多く発表しているほか、著書『アゲインスト・リテラシー グラフィティ文化論』の執筆や、雑誌『美術手帖』グラフィティ特集の監修といった活動も行なっている。

同展では、シリーズ『ファウンド・オブジェクト』の新作15点を展示。『ファウンド・オブジェクト』は、世界各地の古道具屋などで入手した匿名のドローイング、写真、プリントなどの上に「クイック・ターン・ストラクチャー」を施すシリーズだ。キャプションにはオブジェクトと出会った場所も記されるという。

初日の9月1日にはオープニングパーティーを実施。9月30日にはクロージングプログラムとして、川合ロン(Co.山田うん)、木原浩太(Co.山田うん)、酒井直之(Co.山田うん)の3人のダンサーと大山がコラボレーションするパフォーマンスイベントが開催される。

大山エンリコイサム『FFIGURATI #158』2017年 Acrylic-based paint on a framed print purchased in New York 39.2cm×31cm ©Enrico Isamu Ōyama Photo ©Atelier Mole Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art
大山エンリコイサム『FFIGURATI #158』2017年 Acrylic-based paint on a framed print purchased in New York 39.2cm×31cm ©Enrico Isamu Ōyama Photo ©Atelier Mole Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art
大山エンリコイサム作品 Photo by CEDRIC RIVEAU
大山エンリコイサム作品 Photo by CEDRIC RIVEAU
大山エンリコイサム作品 Photo by CEDRIC RIVEAU
大山エンリコイサム作品 Photo by CEDRIC RIVEAU
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)