ニュース

カネフスキー監督『動くな、死ね、甦れ!』HDリマスター版、10月に劇場公開

『動くな、死ね、甦れ!』
『動くな、死ね、甦れ!』

ヴィターリー・カネフスキーの監督作『動くな、死ね、甦れ!』のHDリマスター版が、10月7日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

『カンヌ国際映画祭』の新人賞にあたるカメラ・ドールを、1990年に同作で受賞したヴィターリー・カネフスキー監督。1935年生まれのカネフスキー監督は無実の罪で8年間投獄された経歴の持ち主で、無名の存在だったカメラ・ドール受賞時は54歳だった。

『動くな、死ね、甦れ!』は、監督が少年時代を過ごした旧ソ連の炭鉱町・スーチャンを舞台に、少年と少女の淡い想いと運命をモノクロで描いた作品。主人公の少年ワレルカ役にはストリートチルドレンのパーヴェル・ナザーロフを抜擢し、少女ガリーヤ役にはディナーラ・ドルカーロワが起用されている。

なお今年82歳を迎えるヴィターリー・カネフスキー監督は、『動くな、死ね、甦れ!』に加えて、1981年の『田舎の物語』、1992年の『ひとりで生きる』、1993年の『ぼくら、20世紀の子供たち』、2000年の『KTO Bolche』をこれまでに発表。その後は映画界から姿を消し、新作は発表していない。

『動くな、死ね、甦れ!』ビジュアル
『動くな、死ね、甦れ!』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催 1

    犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催

  2. サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催 2

    サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催

  3. サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現 3

    サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現

  4. KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談 4

    KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談

  5. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 5

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  6. WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告 6

    WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告

  7. ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編 7

    ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編

  8. 『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も 8

    『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も

  9. スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売 9

    スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

  10. 小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌 10

    小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌