ニュース

カネフスキー監督『動くな、死ね、甦れ!』HDリマスター版、10月に劇場公開

『動くな、死ね、甦れ!』
『動くな、死ね、甦れ!』

ヴィターリー・カネフスキーの監督作『動くな、死ね、甦れ!』のHDリマスター版が、10月7日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

『カンヌ国際映画祭』の新人賞にあたるカメラ・ドールを、1990年に同作で受賞したヴィターリー・カネフスキー監督。1935年生まれのカネフスキー監督は無実の罪で8年間投獄された経歴の持ち主で、無名の存在だったカメラ・ドール受賞時は54歳だった。

『動くな、死ね、甦れ!』は、監督が少年時代を過ごした旧ソ連の炭鉱町・スーチャンを舞台に、少年と少女の淡い想いと運命をモノクロで描いた作品。主人公の少年ワレルカ役にはストリートチルドレンのパーヴェル・ナザーロフを抜擢し、少女ガリーヤ役にはディナーラ・ドルカーロワが起用されている。

なお今年82歳を迎えるヴィターリー・カネフスキー監督は、『動くな、死ね、甦れ!』に加えて、1981年の『田舎の物語』、1992年の『ひとりで生きる』、1993年の『ぼくら、20世紀の子供たち』、2000年の『KTO Bolche』をこれまでに発表。その後は映画界から姿を消し、新作は発表していない。

『動くな、死ね、甦れ!』ビジュアル
『動くな、死ね、甦れ!』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー