ニュース

臼田あさ美主演『南瓜とマヨネーズ』予告編 やくしまるえつこによる楽曲も

映画『南瓜とマヨネーズ』の予告編と新ビジュアルが公開された。

魚喃キリコの同名小説をもとにした『南瓜とマヨネーズ』は、恋人・せいいちの夢を叶えるため、密かにキャバクラで働くツチダを主人公にした作品。ツチダが店の客の愛人になって生活費を稼いでいることを知ったせいいちが心を入れ替えて働き始める一方で、昔の恋人・ハギオと再会したツチダが彼との関係にのめり込んでいく、というあらすじだ。

公開されたビジュアルには川島小鳥が撮り下ろした写真を使用。臼田あさ美演じるツチダと太賀演じるせいいち、オダギリジョー演じるハギオの姿が確認できる。

予告編では臼田あさ美がタイトルコールとナレーションを担当。先の見えない現在の恋人と、忘れられない過去の恋人の間で揺れるツチダの様子が映し出されている。映像中には、やくしまるえつこによる劇中歌“ヒゲちゃん”のインスト、予告編のために書き下ろしたインスト曲、さらにやくしまるによる“ヒゲちゃん”のセルフカバーを使用。やくしまるえつこは撮影にも立ち会い、出演者の音楽指導も行なったという。なお“ヒゲちゃん”セルフカバーの配信が、本日9月1日からiTunes Store、Apple Musicなどでスタート。

『南瓜とマヨネーズ』は11月11日から全国公開。監督は冨永昌敬。

やくしまるえつこのコメント

映画における音楽Aと、日常における音楽Aは、相異なる二つの項である。
二次元と三次元のように、目配せはしても、混じり合うことのないもの。
だけどその二つのあいだに、限りなく0に近い接点があるとしたら、そこにはこの映画が存在しているニャア。
やくしまるえつこ

『南瓜とマヨネーズ』ビジュアル ©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
『南瓜とマヨネーズ』ビジュアル ©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
『南瓜とマヨネーズ』人物相関図 ©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
『南瓜とマヨネーズ』人物相関図 ©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
やくしまるえつこ
やくしまるえつこ
やくしまるえつこ『ヒゲちゃん』ジャケット
やくしまるえつこ『ヒゲちゃん』ジャケット
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年