ニュース

肉食人魚姉妹の初恋が残虐な行為へ 恐怖ミュージカル映画『ゆれる人魚』

『ゆれる人魚』 ©2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE
『ゆれる人魚』 ©2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE

映画『ゆれる人魚』が2018年春に東京・新宿シネマカリテほかで公開される。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの『人魚姫』をもとにした同作は、1980年代のポーランドを舞台に、2人の肉食人魚姉妹の少女から大人への成長を描いた作品。海から辿り着いたワルシャワのナイトクラブで、2人は一夜にしてスターになるが、片方がベースプレイヤーに恋をしたことをきっかけに、姉妹の関係がぎくしゃくし始め、やがて残虐な行為へと2人を駆り立てるというあらすじだ。

メガホンを取ったのは、同作が長編デビュー作となるポーランドの映画監督アグニェシュカ・スモチンスカ。出演者には、キンガ・プレイス、ミハリーナ・オルシャンスカ、マルタ・マズレク、ヤーコブ・ジェルシャル、アンジェイ・コノプカらが名を連ねる。英題は『THE LURE』。2016年に『サンダンス映画祭』ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞を受賞した。

なお公開に先駆けて、9月17日に『第10回したまちコメディ映画祭in台東』でプレミア上映を実施。チャラン・ポ・ランタンがトークゲストとして登壇する。チケットは現在販売中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー