ドイツ在住のイケムラレイコ、国内では3年ぶりの個展『あの世のはてに』

イケムラレイコの個展『あの世のはてに』が、9月9日から東京・六本木のシュウゴアーツで開催される。

三重で生まれ、1972年以降はヨーロッパを拠点に絵画、彫刻、ドローイングなど多岐にわたる表現を行なっているイケムラレイコ。現在はドイツに在住している。幼少期に自然災害で被災した記憶が蘇ったという東日本大震災以降は、それまでよりも大きな画面に描かれたペインティング作品を発表している。

『あの世のはてに』展は、2014年に静岡・ヴァンジ彫刻庭園美術館で開催された『PIOON』展以来となる国内での個展。それまでに発表してきたイケムラレイコ作品に登場してきた人や動物、木などが変容し、「気配」の集合体の一部となったような作品が展示されるという。会期初日となる明日9月9日にはオープニングパーティーが開催。

なおシュウゴアーツのオフィシャルサイトでは、ベルリンのアトリエで撮影したイケムラレイコへのインタビュー動画が公開中だ。

イベント情報

イケムラレイコ個展
『あの世のはてに』

2017年9月9日(土)~10月7日(土) 会場:東京都 六本木 シュウゴアーツ 時間:11:00~19:00 休廊日:日、月曜、祝日
  • HOME
  • Art,Design
  • ドイツ在住のイケムラレイコ、国内では3年ぶりの個展『あの世のはてに』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて